塩ひとつまみ、塩ひとつかみ

NHK教育「日本語歳時記 大希林」を見ていたら
ものの単位のお話に。なかなか面白い。

尺八=一尺八寸で約55㎝
咫(あた)=親指と人差し指を直角にしたときの指先の長さ約15㎝
とか、最近あまり見かけなくなった単位が紹介されていた。

食事の場面で、味付けの話になり、ひとつまみとひとつかみへ。
ひとつまみ=親指と人差し指でつかむ量。
少々=ひとつまみに中指をそえてつかむ量。
大さじ=ひとつかみして、薬指、小指を開いた時、残った量。

こういう表現ってとってもわかりやすい。

料理を作るときは、必ず料理本を近くに置いて
計量カップ、スプーンを揃えて始めるんですが、
煮炊きを同時進行で進めていると、三本セットの計量スプーンが
妙にじゃまになったりして。。。でも、これは使えそう。

明日の昼は「麻婆豆腐」だ。
でも、豆板醤や甜麺醤は、ひとつかみしたくない。
[PR]

by lagopus55 | 2005-02-19 23:29 | TV大好き