4月に読んだ本

4月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:4250ページ

いちばん美しいクモの巣 (詩人が贈る絵本 II)いちばん美しいクモの巣 (詩人が贈る絵本 II)
読了日:04月04日 著者:アーシュラ・K. ル=グウィン
ニャ夢ウェイニャ夢ウェイ
読了日:04月05日 著者:松尾 スズキ,河井 克夫
世界史をどう教えるか―歴史学の進展と教科書世界史をどう教えるか―歴史学の進展と教科書
読了日:04月05日 著者:
群青学舎 一巻 (ビームコミックス)群青学舎 一巻 (ビームコミックス)
読了日:04月07日 著者:入江 亜季
すっぴんは事件か?すっぴんは事件か?
読了日:04月09日 著者:姫野 カオルコ
パーク・ライフパーク・ライフ
読了日:04月09日 著者:吉田 修一
人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた
読了日:04月11日 著者:川原 和子
ボールのないところで勝負は決まる―サッカーQ&Aボールのないところで勝負は決まる―サッカーQ&A
読了日:04月12日 著者:湯浅 健二
鬼の跫音鬼の跫音
読了日:04月15日 著者:道尾 秀介
群青学舎 二巻 (BEAM COMIX)群青学舎 二巻 (BEAM COMIX)
読了日:04月15日 著者:入江 亜季
武士道シックスティーン武士道シックスティーン
読了日:04月17日 著者:誉田 哲也
星間商事株式会社社史編纂室星間商事株式会社社史編纂室
読了日:04月19日 著者:三浦 しをん
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
読了日:04月20日 著者:西原 理恵子
上方落語家名鑑 第ニ版上方落語家名鑑 第ニ版
読了日:04月21日 著者:やまだ りよこ
ファンタジウム(1) (モーニング KC)ファンタジウム(1) (モーニング KC)
読了日:04月21日 著者:杉本 亜未
ファンタジウム(2) (モーニング KC)ファンタジウム(2) (モーニング KC)
読了日:04月21日 著者:杉本 亜未
ニャ夢ウェイ〈2〉ニャ夢ウェイ〈2〉
読了日:04月22日 著者:松尾 スズキ,河井 克夫
アラビア科学の歴史 (「知の再発見」双書)アラビア科学の歴史 (「知の再発見」双書)
読了日:04月23日 著者:ダニエル ジャカール,吉村 作治
武士道セブンティーン武士道セブンティーン
読了日:04月24日 著者:誉田 哲也

読書メーター

[PR]

# by lagopus55 | 2010-05-01 23:38 | 読書

3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2944ページ

別冊 図書館戦争〈1〉別冊 図書館戦争〈1〉
読了日:03月01日 著者:有川 浩
猫を抱いて象と泳ぐ猫を抱いて象と泳ぐ
読了日:03月02日 著者:小川 洋子
放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法
読了日:03月03日 著者:高野 秀行,二村 聡,下関 崇子,井手 裕一,金澤 聖太,モモコモーション,黒田 信一,野々山 富雄,姜 炳赫
別冊 図書館戦争〈2〉別冊 図書館戦争〈2〉
読了日:03月04日 著者:有川 浩
キャンセルされた街の案内キャンセルされた街の案内
読了日:03月06日 著者:吉田 修一
『坂の上の雲』と司馬史観『坂の上の雲』と司馬史観
読了日:03月13日 著者:中村 政則
ザ・マインドマップザ・マインドマップ
読了日:03月13日 著者:トニー・ブザン,バリー・ブザン
インビクタス〜負けざる者たちインビクタス〜負けざる者たち
読了日:03月18日 著者:ジョン カーリン
ビロウな話で恐縮です日記ビロウな話で恐縮です日記
読了日:03月23日 著者:三浦 しをん
女たちは二度遊ぶ女たちは二度遊ぶ
読了日:03月24日 著者:吉田 修一
針がとぶ Goodbye Porkpie Hat針がとぶ Goodbye Porkpie Hat
読了日:03月28日 著者:吉田 篤弘

読書メーター

[PR]

# by lagopus55 | 2010-04-06 21:19 | 読書

近所のスーパーが閉まってた・・・どうする

こうしました。
a0027427_2283139.jpg

にんにくソーセージチャーハン
人に会うときは絶対に作れない一品です。
本当はレンコンを入れるといいんですが、今回はねぎ。
カリカリにんにくが、うんまいです。

スーパーは明日から開店。
取りあえずは明日の朝さえしのげば大丈夫。
で、餅の残りで磯辺焼きって感じかな?
[PR]

# by lagopus55 | 2010-01-04 22:09 | たべもの

りんごソースって、こんなにうまかったんだ

三日目になると正月気分もぶっとんで、普通の食卓。
というか、なんだか損した気分じゃありませんか、
土日が三が日と重なるって。

お昼は「ポテトとタマネギのパンケーキ りんごソース添え」
じゃがいも、たまねぎをただただ摺り下ろすって、爽快です。
だって、頭の中はからっぽですから。

乱切りにしたリンゴを少しの水でコトコト煮るのもいい。
本を片手に椅子に座りながら、鍋をかきまわす。あ~休日です。

できあがったりんごソースとってもウマウマ。
料理の才能あるんじゃないか?なんて勘違いするほど。
安いりんごでも充分うまい。
a0027427_22191449.jpg

[PR]

# by lagopus55 | 2010-01-03 22:19 | たべもの

新年あけましておめでとうございます

a0027427_0201278.jpg


今年こそきちんとブログを書くようにしなくては・・・
本年もよろしくお願いします。
[PR]

# by lagopus55 | 2010-01-01 00:21 | 日月抄

11月に読んだ本

11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1622ページ

ヘヴンヘヴン
読了日:11月25日 著者:川上 未映子
元気でいてよ、R2-D2。元気でいてよ、R2-D2。
読んでいて自分の気持ちに残る一文を見つけることができれば、もう充分です。北村さんの本を読むとき、そんな言葉に出会うことが多いような気がします。今回は「微塵隠れのあっこちゃん」。終わりの方で「…口には出さぬそういう情景をいくつか、胸のうちに抱えるものなのだろう。」悲しみの源泉になったり、生きる支えになったりして残っている情景、読後感をたっぶり楽しみました。体のどこかにイヤな汗をかかせる短編集ですが、冒頭の「腹中の恐怖」への注意書きはフリなんでしょうか?
読了日:11月24日 著者:北村 薫
物語 中世哲学史―アウグスティヌスからオッカムまで物語 中世哲学史―アウグスティヌスからオッカムまで
「物語」というのがついているのがミソ。キリスト教公認した皇帝コンスタンティヌスが今際の際に、洗礼を施している司祭に「間違いないだろうね」と念を押したはなし。など有名無名の哲学者がぞろぞろ。私的に面白かったのは、ライヌンドゥス・ルルス。 キリスト教へ改宗させるため、実際上論争するため、中東全域を旅をし、このためにアラビア語を習得したという強者。もちろん悲劇的な最後を迎えました。ただこんな人がやってきたらかなり迷惑。スコラ哲学なんか大嫌いだ~っという人にはおすすめです。イタリア人著者のジョークと共にお楽しみく
読了日:11月22日 著者:ルチャーノ・デ クレシェンツォ
絵解き ヨーロッパ中世の夢(イマジネール)絵解き ヨーロッパ中世の夢(イマジネール)
英雄の偉業や空想の産物からでた事物を権力のシステムから解き放たれたものとして捉え、近代の理性、科学の荒波を乗り越えて現在まで生き続ける想像界。「アーサー」「シャルルマーニュ」「エル・シド」「メリュジーヌ」「女教皇ヨハンナ」まで。現在も映画で取り上げられるものもあれば、忘れ去れているものまで。図版で確認しながら楽しめます。個人的には「騎士道」の項目で、ある研究者が「軍人社会なのだから、恋愛と言っても実際に男同士ではなかったか?」と疑問を呈しているのは興味深く
読了日:11月15日 著者:ジャック・ル ゴフ,樺山 紘一
楽しく、ラクに、シンプルに! 英語ハックス楽しく、ラクに、シンプルに! 英語ハックス
読了日:11月14日 著者:佐々木 正悟,堀 E. 正岳
遠くの声に耳を澄ませて遠くの声に耳を澄ませて
読了日:11月09日 著者:宮下 奈都
ゲームホニャララゲームホニャララ
読了日:11月07日 著者:ブルボン 小林

読書メーター

[PR]

# by lagopus55 | 2009-12-31 23:14 | 読書

10月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3413ページ

十字軍の遠征と宗教戦争 (シリーズ絵解き世界史 5)十字軍の遠征と宗教戦争 (シリーズ絵解き世界史 5)
「シリーズ絵解き世界史」というからには、もっと図版があってもよかったのでは。やはり致命的なのは、それぞれの戦い、進路などの地図がなく、地中海の地図が漠然と巻頭にあるだけなのは残念。せっかく、本文は年代記などを使い、それぞれの十字軍遠征を丁寧に分かりやすく書いているのに勿体ない限り。
読了日:10月01日 著者:ジェイムズ・ハーパー
浅田家浅田家
コスプレ家族写真-著者解説-コスプレ前後の家族写真で構成。間に入った短い解説がいい。コスプレの方は案外実生活であったんじゃないかと思わせるようなもの(すさんだ家庭写真)もあって、これからどんな家族の物語が展開していくか楽しみ。ただ、仲良くなけりゃ、こんな集合コスプレ写真なんて撮れないでしょうけど。
読了日:10月01日 著者:浅田 政志
私は猫ストーカー私は猫ストーカー
猫好き、そして、眺める、追跡する、仲良くなるのが好きな人向けの本。猫ストーカーは神出鬼没。猫の聖地?豪徳寺や今戸神社、はたまた猫だらけのマルタ島にまで。冒頭に初心者向けストーカー心得が。そして最大の武器「必殺なでなで」を使いストーカー生活を楽しみましょう。
読了日:10月03日 著者:浅生 ハルミン
食べ物はこうして血となり肉となる ~ちょっと意外な体の中の食物動態~ (知りたい!サイエンス)食べ物はこうして血となり肉となる ~ちょっと意外な体の中の食物動態~ (知りたい!サイエンス)
食物に含まれる機能性成分についての体内での動き、相互作用についての本。同じような流れで書かれているので、つまらないと思えば、思い切りつまらなくなる。マウス実験のマウスってかなり大変。記憶力テストは過酷です。
読了日:10月05日 著者:中西 貴之
中年シングル生活 (講談社文庫)中年シングル生活 (講談社文庫)
10年以上も前に書かれた本書。多少の古めかしさを感じるが、タイトルから連想されるような「さびしい本」ではない。確かに泣き言もあるが、ハッとしたり、「そうだそうだ」と首肯したり。たぶん自分自身が中年を生きているからなんだろうとも思うが、それだけではない。随所に作家と作品、映画などについて書かれており、世代に関係なく読まれてもいいと感じる。私自身、このあと大島弓子、近藤ようこを再読します。
読了日:10月10日 著者:関川 夏央
大島弓子選集 (第13巻)  ダイエット大島弓子選集 (第13巻)  ダイエット
関川夏央さんのエッセイに「わたしの屋根に雪つもりつ」で、タクシードライバーさんが勝手に勘違いする部分が紹介されていたので・・・収録作品、みんな面白い。愛猫サバ、そこの住人ノミの擬人化物語など、大島弓子選集1巻から読んでみます。「アンブラッセ/ダイエット/毎日が夏休み/サバの秋の夜長/わたしの屋根に雪つもりつ」を収録。
読了日:10月13日 著者:大島 弓子
まんが医学の歴史まんが医学の歴史
十字軍での闘いで、医師の存在、特に外科医について知りたかったので。傷口の手当てのイスラム側、キリスト教側の違い、切断と治療、切断は結局のところ死に至る。当時のアラビア医学と中世医学の違いは、たくさんのページは割かれていませんが、焼きゴテを使った止血法、火傷による重篤な副障害など収穫あり。また医学の通史を知るには最適。参考文献も載っており、親切。発端となったのは、十字軍―ヨーロッパとイスラム・対立の原点 (「知の再発見」双書 (30))に書かれています。
読了日:10月13日 著者:茨木 保
対訳西鶴全集〈9〉新可笑記 (1984年)対訳西鶴全集〈9〉新可笑記 (1984年)
江戸時代の処世訓「可笑記」が、あまりにも生真面目なので、西鶴がくだけたおもしろい話を作った短編集。20の短編のうちほとんどが武士(主君・家来・奉行・侍)に関するもの。また、その武士がかなり極悪非道。使い込みがばれるのを恐れて、同僚を殺したり、主君の病気平癒のため、生き肝を得るため少女を謀殺したり、ワイドショーねた満載。「人は虚実の入物」とはよく言ったもの。善悪に揺れる人の心にサスペンス風味を加えた西鶴はいいです。
読了日:10月16日 著者:井原 西鶴,麻生 磯次,富士 昭雄
帰って来た猫ストーカー帰って来た猫ストーカー
前作よりパワーアップでページ増。猫VS猫ストーカーだけではなく、街の猫好きとの触れあい、情報交換。猫電波の発するところに猫ストーカーあり。たくましく生きる猫がふと見せる表情にホッとするもよし、猫写真とヌード写真の共通点に、膝を打つもよし、カラー写真にでれでれするのもいい。
読了日:10月16日 著者:浅生 ハルミン
神去なあなあ日常神去なあなあ日常
読了日:10月16日 著者:三浦 しをん
鷺と雪鷺と雪
読了日:10月16日 著者:北村 薫
謎の解剖学者ヴェサリウス (ちくまプリマーブックス)謎の解剖学者ヴェサリウス (ちくまプリマーブックス)
「マンガ医学の歴史」を読み終わった後に読み始める。印象はかなり違う。全体の7割近くはヴェサリウスの生涯と著作「ファブリカ」について。残りは簡単な医学の流れと「ファブリカ」が近代に果たした役割など。しかし、当時の人体解剖で、防腐処置がなく、腐敗の進行と競争で行われた事実。それでいて、精巧な解剖図が作成されたという驚き。解剖図の歴史的な流れの本を読んでみたくなった。
読了日:10月24日 著者:坂井 建雄
船に乗れ!(2) 独奏船に乗れ!(2) 独奏
読了日:10月24日 著者:藤谷 治
スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
「スピードハックス」の手法で書き上げられたと、あとがき部分に書かれていたので、こちらも「スピードをあげて」「とにかくゴールまでたどり着く」ように読みました。
読了日:10月24日 著者:大橋 悦夫,佐々木 正悟

読書メーター

[PR]

# by lagopus55 | 2009-11-02 20:45 | 読書